【2020年版】インターネット家庭教師・映像授業5選【徹底比較】

受験・勉強法

インターネットを使ってどこにいても、東大生や医学生の授業をうけることができるオンライン家庭教師というものがあります。また、映像授業では、直接教室に行くこと無く、有名講師の授業を受けることができます。

もちろん、オンライン学習にはデメリットもあるの、まず、メリット、デメリットを確認しましょう。

【オンライン家庭教師・映像授業のメリット】
1:1で教えてくれる
東大、早慶、プロなどの先生を選び放題
時間を自由に選ぶことができる
個別指導塾・家庭教師よりも安い
行き帰りの心配がない
授業をいつでも復習することができる
【オンライン家庭教師・映像授業のデメリット】
インターネット環境とパソコンが必要
会社によっては機材を揃えなければいけない
リアルで合わないぶん親近感を持つことが難しい

これらをおさえたうえで、それぞれのオンライン家庭教師・映像授業について見ていきましょう。

インターネットで勉強するならどんな方法が良いんだろう?

スポンサーリンク

Netty


授業形態:個別指導
対象  :小学生~社会人
無料体験:あり
必要機器:パソコン、Webカメラ(無料レンタル有り)、ヘッドセット(無料レンタル有り)、ペンタブレット

インターネット家庭教師Netty(ネッティー)は、講師が7万人も登録しています。東大、早稲田、慶応、医学部などの大学生から、難関大学出身のプロの講師まで揃っています。

先生の数が多く、部活や性格に合った先生を見つけることができるというメリットがあります。相性が合わない先生と当たったら変更も無料でしてくれることも魅力的です。

デメリットとしては、受講の開始時間が決まっているので、時間に不自由をかんじることもあるかもしれないことです。しかし、急用ができた場合は、振替授業が可能なことは安心ですね。

1時限目15:00~15:50
2時限目16:00~16:50
3時限目17:00~17:50
4時限目18:00~18;50
5時限目19:00~19:50
6時限目20:00~20:50
7時限目21:00~21:50

料金

学年月謝(週一回授業)
高校1・2年生15000円
高校3年生、高卒生16000円

家庭ネット


授業形態:個別指導
対象  :小学4年生~高校生・浪人生
無料体験:あり
使用機器:PC、Webカメラ(PCについているものでも可)、ヘッドセット(PCについているものでも可)

家庭ネットで最大の魅力は、指導日以外でもメールで24時間質問ができることです。勉強を一人でしているとどうしてもわからない部分が出てきます。ふだん、勉強していて、わからない、わからないと言っている学生・受験生もいるのではないでしょうか?僕自身、質問できる相手がいなくて何度も困った経験があります。

また、1回の授業が25分なので、部活や塾で忙しいという学生さんにもおすすめです。分からないところをサポートしてもらうという形式を取ることができます。

デメリットとしては、1回の授業が25分なので、自分でも勉強できる学生・受験生ではないと学力を伸ばし切ることが難しいということです。家庭ネットでは、生徒にあう参考書を先生が一緒に選んでくれるので、自分で勉強してるけどなかなか伸びないから補助として先生がほしいという学生におすすめです。

料金

学年月謝(週1回授業)
高校生1~2年生5280円
高校3年生・浪人生7480円

e-Live


授業形態:個別指導
対象  :小学生~高校生
無料体験:あり
必要機器:PC、Webカメラ(無料レンタルあり)、ペンタブレット(無料レンタルあり)

e-LiveのWebサイトでは、講師の詳しいプロフィールが公開されています。「男性・女性。理系・文系。運動部・文化部・医学部・Sランク」など、学歴や、経歴で先生を選ぶことができます。

e-Liveでは、個別指導に加えて、以下のことも指導してくれます

・授業の受け方
・ノートの作り方
・集中するこつ

学校や、自習の時間が、勉強時間としては一番長いのでこれらのポイントを指導してくれることは魅力的です。

e-Live受講生の体験談では、次のようなことが挙げられています。

・塾の送迎が無くなったこと(我が家は長野県のとても寒い所にあります)
・家庭教師のように家に来てもらう煩わしさが無かったこと
・お互いの都合の良い時に授業日を設定できたこと
・そして何より田舎にいて、一流大学生の先生から教えて頂けたこと

出展:体験記 | オンライン家庭教師 e-Live

田舎や地方に住んでいるけど、東大や早慶、医学部の先生に見てもらいたい、相性のいい先生を見つけたい学生・受験生におすすめです。

料金

月謝(週1回授業)
高校生:15400円

スタディサプリ


授業形態:映像授業
対象:高校生・浪人生
無料体験:あり
必要機器:スマホ、もしくはタブレットやPC

スタディサプリは、数千個の映像授業を定額でみることができるオンラインサービスです。

月額1980円で数千個にも及ぶ講義を受講することができます。安いからといっても授業の質が低いわけではありません。参考書をたくさん出している有名講師の授業を受けることができます。

デメリットとしては、映像授業なので自己管理が必要ということです。見放題だといつでも見れるからと先延ばしにしてしまいがちです。

自己管理が苦手な場合は、合格特訓コースで、コーチをつけてもらうことで対応すると良いでしょう。

料金

合格特訓コース(学習コーチあり)9800円/月
ベーシックコース1980円/月

ディアロオンライン



授業形態:映像授業、対話合格指導あり
対象  :高校生・浪人生
無料体験:あり
必要機器:スマホ、もしくはタブレットやPC

ディアロオンラインは、「映像授業+Z会の教材+個別指導」がセットとなっています。

Z会からたくさんの参考書が出されていることからもわかるように、教材も質が高いです。毎年、多くの東大合格者を出す「Z会頭大進学教室」の講師が、映像授業を担当してくれています。また、対話式合格指導では、合格トレーナーが学習計画を管理してくれます。自分で計画をたてて実行することが苦手な、学生・受験生におすすめです。

デメリットとしては、Z会の授業や、教材は、レベルが高いです。僕も受けていたことがありましたが、難しかったです。難関大を目指す人向けなので、難関大を目指すわけではない人にとっては難しいレベルの教材をやらなければいけないことになると思います。

料金

7480円/1科目・月

たくさんあるけど結局どこが良いの?

実績と信頼が一番あるのは、「インターネット家庭教師ネッティー」です。というのも、創業昭和58年と長年の信頼と実績がある家庭教師センターである「家庭教師のノーバス」の人気家庭教師の授業を受けることができるからです。

家庭教師のノーバスが長年培ってきた合格ノウハウをお得な価格で利用できるサービスであるということができます。

また、ネッティーはすべての先生がネッティーの社内から指導しているので、トラブルが少ないということも魅力的です。

いまなら、無料体験を受けると、入学金が0円になるキャンペーンもやっているので気になったかたは申し込んでみてください。

まとめ

コロナウイルスの影響で、オンライン学習が普及してきました。

その結果、誰かに教えてもらう、という勉強をしている人としていない人で、大きく学力の差が開いてしまいます。というのも、勉強をしていると、自分ではどうしても解決できない部分が出てくるからです。

今回紹介したサービスを利用して、勉強を教えてもらう、勉強のスケジュールを管理してもらうということをうまく実践してみてください。