大学の授業でつまらない講義は切るべき?【大学1年生必見】

医学部生活

大学の授業を選んでいざ、受けてみると、受ける意味があまりなさそうな授業があると思います。

1年生の教養を受けていて、将来に直結しないなと思う授業がありました。真面目にすべて受けましたが、現在、役にたっていません。もっと、有意義なことに時間を使えていたらなと後悔しています(-_-)

大学の授業を切ることで得られるメリットと、どのような時間の過ごし方をしていれば有意義だったと思うかを紹介します。

大学の授業って切っても良いのかな?

スポンサーリンク

大学の授業を切るメリット

時間を作り出すことができる

大学の授業をきることの最大のメリットは自由に使うことができる時間を作り出せることです。

大学生活は、勉強、部活、サークル、飲み会、恋愛など充実しています。自分の将来に役に立ちそうにない授業を受けるくらいなら、大学生のうちにしかできないことを経験したほうが良いと思います。

将来に直結する講義に集中できる

不要な授業を切ることで、将来、自分が使うであろう知識や技術を手に入れることができる講義の勉強に専念できます。

多くの大学は、テスト期間があり、その時期に知識を大量に詰め込むと思います。必要のない、授業をとっているとその科目にも勉強時間をそれなりに割かなければいけません。その時間があったら自分が将来使うであろう科目で満点をとる勉強をしたほうが役にたちます。

僕は、医学部だったのに、数学や物理の授業を受けていました。この勉強時間をすべて統計学にまわしていたら、論文に出てくる実験のモデルなど理解できていただろうなと学年が上がって思いました。

部活・サークル活動に専念できる

大学で楽しめることの1つに部活やサークルがあります。

特に、部活は、平日に試合をすることもあります。自分が必要ないと思っている授業より、部活やサークルを全力で取り組んで先輩や友人とのつながりをつくったほうが良いと思います。というのも、就職や、生活で困ったときのつてや相談相手ができるからです。大学で一人暮らしを始める人も多いと思うので、支えてくれる存在は大切です。

授業を切った時間ですること|おすすめ5選

読書をする

読書を大学生のうちにたくさんして、知識をつけておくと将来が圧倒的にラクになると思います。本は、自分が興味をもった分野の知識を効率よく知ることができます。何年もかかってされた研究について、本1冊で知ることができます。

文化庁の調査では、47.3%の日本人が1ヶ月に1冊も本を読んでいません。大学生のうちに読書習慣をつけておくことで周りと差をつけることができます。

Kindle Unlimitedなら月額980円で何万冊もの本を自由に読むことができます。

映画、ドラマ、アニメを楽しむ

映画、ドラマ、アニメを楽しむことは、大学の講義を受けることよりもプラスになる可能性もあります。

僕は、海外の有名な映画やドラマを通して、英語のリスニングの練習をしたり、病気の症状について学んだり、人種や宗教について学んでいます。有名な映画やドラマは、鑑賞するだけで、いろいろな知識をみにつけることができるものが多いです。

Amazon Primeは学生は6ヶ月無料ですし、U-NEXTも31日間無料です。いまの時代、無料でいろいろな映画やドラマを鑑賞できるのでおすすめです。

バイトをしてお金を稼ぐ

バイトは、お金を1番の目的にやっている人が多いと思います。しかし、バイトを通して経験できる、仕事や、人間関係は将来、役に立つと思います。

僕自身、8種類のバイトを経験しましたが、得たものはお金だけではありませんでした。いろいろなバイトに挑戦してみるのも有意義な時間の使い方だと思います。

英語・英会話を学ぶ

英語や英会話を学びなおしておくと、大学3~4年生になったとき、社会人になったとき有利に働きます。大学院の試験がTOEFLと面接のみという大学院もあります。就職のときも履歴書にTOEICやTOEFLが高得点のことを書くことができ、有利になります。

また、卒論を書くに当たって、英語の論文は読むことになると思います。僕は、低学年のうちにもっと英語やっておけばよかったと思っています。

プログラミングを学ぶ

プログラミングを学んで、大学生のうちに手に職をつけることができれば、フリーランスとして生きていくという選択もできるようになります。

エンジニアは現在、足りていない状態が続いているので、給料も高いです。リクルートの調査によると年収が1000万円を超えているひともいるようです。

低学年のうちのほうが時間があるので、プログラミングを学んで、プログラミングのバイトをして技術を磨くというのもありだと思います。

いろいろなプログラミングスクールがあるので興味がある人は、無料相談からやってみてください。

参考サイト:https://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=002284

まとめ|充実した大学生活を

自分にとっては、完全に不要だなと思った内容の授業をきることは、責められることではないと思います。大学では、自分がやるべきことをやっておけば基本的に自由です。

大学の授業よりも、プラスになることは、たくさんあると思います。進学をできる範囲で授業をサボって、いろいろなことに取り組んで楽しい大学生活にするという選択もありだと思います。