物理のエッセンスで医学部に合格【失敗しない物理の勉強法】

受験・勉強法

物理のエッセンスでどのレベルまで行けるのか気になりますよね?

僕は、物理のエッセンスを中心に勉強して、旧帝大学医学部に合格することができました。物理のエッセンス以外にも約10冊の物理の参考書をやってきました。その中でも物理のエッセンスは、何回も復習する価値がある参考書だなと思ったので、7~8周しました。物理のエッセンスを中心に物理の勉強法を解説していきます。

物理のエッセンスで勉強したら合格できるのかな?

スポンサーリンク

物理のエッセンスとは?

物理のエッセンスの構成

「導入部分で解説→解法の手順のまとめ→解法の手順についての解説→例題→この分野の関連事項をわかりやすく解説→演習問題」

内部構成はこのようになっています。物理のエッセンスを使用するうえで、大切になってくることは、「例題」と「演習問題」を解説や解法の手順を見ながら自力で解くことです。最初から、細かいところまで読んで理解できる人は天才です。どの知識を使えば問題を解くことがわからないのに説明だけを読んでも、どの部分が大切か理解できるわけがありません。

まずは例題と演習問題を、解説や解法の部分を読みながら自力で解いてみましょう。1周、2周、3周と繰り返していくうちに重要な部分がわかるようになります。僕自身は物理のエッセンスを7~8周しました。

「解けた問題」「間違えた問題」「解説をみながらなら解けた問題」と、チェックを付けて問題をときました。もちろん、回数を重ねていくうちに1問1問の解くスピードが早くなります。最終的にはすべての問題を解くことができるようになります。さらに、7~8周もしていると細かいところも無意識のうちに読んでいて頭に入っている状態になります。

問題を解いて点数をあげることができることは、科学的にも証明されているのでもしよかったら「【書評・要約】進化する勉強法+医学生が実践してみての効果」確認してください。

物理のエッセンスの難易度

物理のエッセンスの難易度は、センター試験で8~9割、偏差値でいうと60~65までは達成できます。なぜ、幅があるのかというと、この参考書を完全に頭を入れても、完全に理解したうえで応用できる人と、暗記はできたけど他の問題への応用ができない人、がいるからです。

僕は高校3年生のとき、休日は10時間以上勉強してましたが偏差値40台でした。こういう凡人では7~8周しても応用力をつけることは難しいです。しかし、頭のいい人は、7~8周すると完全に応用できるようになっています。極端な例ですが学校で配られた、物理のエッセンスとリードα、教科書だけで現役で東大に合格した友人もいます。

本当に深くまで理解できることが可能な人なら物理のエッセンスだけでも医学部、東大の問題も解くことができるようになります。しかし、一般的な能力しかない人は物理のエッセンスで偏差値60前後の学力をつけて、それをアウトプットする必要があります。

物理のエッセンスだけで 医学部・難関大学に合格できるのか考察

物理のエッセンスの難易度でも解説しましたが、物理のエッセンスだけでは、医学部、難関大学に合格することは厳しいです。なぜなら、物理のエッセンスをした上で、その知識をアウトプットする練習を積む必要があるからです。一度、自分が受けようとしている過去問を確認してみてください。大学によってはもしかしたら物理のエッセンスだけでも7割くらいはとけるかもしれません。その場合は、過去問をとりあえず10年くらいやってアウトプットしてみてください。

大半の大学は、物理のエッセンスだけでは5割くらいしか分からない、となると思うので、他の問題集でアウトプットしてください。では、アウトプットに適している問題周を見ていきましょう。

物理のエッセンスが終わったあとにおすすめの参考書

重要問題集

重要問題集は毎年、問題が更新されて、良問がそろえられています。重要問題周に乗っている問題は、実際の入試問題です。その中から重要な問題が選ばれて収録されたものです。難易度的にも、入試に必要なアウトプットをしっかりとできる難易度です。また、網羅性も高いので物理のエッセンスが終わったら取り組むべき問題集です。

良問の風

良問の風は、物理のエッセンスと同じ方が書いている問題集です。物理のエッセンスを終えたあとに次のステップに進みたい人のための問題集といえます。「良問の風」の構成としては、「公式→基本問題→応用問題」という構成です。物理のエッセンスの解き方で解説を見ながらアウトプットしたい人におすすめです。

名門の森

「物理のエッセンス」「良問の風」「名門の森」を物理の一連のシリーズとして河合塾が出版しています。名門の森は、最上位難易度の問題集です。重要問題集より難易度が高いです。網羅性は、重要問題集よりは劣る印象があります。物理のエッセンスと同じ人が書いている参考書なので、物理のエッセンスの解き方で学んだ通りに解説がされています。自分の受験する大学の過去問と問題のレベルを比べてみてください。名門の森くらいのレベルだったら名門の森をやっておくことをおすすめします。赤本よりも解説が詳しいですし過去問がすんなり解くことができるようになります。

まとめ 【物理の正しい勉強法が大切】

物理のエッセンスに限らず、なにか参考書をやるときめたら、その参考書1冊を何周もして、完璧にすることがなによりも大切です。物理は特に、基本がしっかりとできていないと、問題の解き方を考えることすらできません。基礎からしっかりと、地に足をつけて積み上げていけば、合格することはできます。物理のエッセンスで基礎を固めたら、赤本や重要問題集などに取り組んでアウトプットをしてください。そして、合格を掴み取ってください。