ポリクリで失礼がない服装を解説【効率化できる持ち物も紹介】

医学部生活

CBTを乗り切ったらポリクリが始まります。

とうとう実習が始まるわけですが、生協でケーシー、白衣、スクラブ、シューズを買おうとすると高いです。

また、どのような服装で実習に臨むのが正解なのか不安ですよね。

どのような服装で実習に参加すれば良いのか?

実習に参加するにあたり、最低限どのような服装を用意すればいいのかを解説していきます。

スポンサーリンク

基本はケーシー+白スニーカーで怒られることはない【最低限必要なものを解説】

実習の服装で、いわゆる正装は「上下白ケーシー+白スニーカー」です。

まず、服装について詳細を解説します。

本当に最低限必要なものは「上下白ケーシー+白スニーカー」だけです。

洗濯のことも考えて、ケーシーは上下を2セットあればどうにかなります。

白衣はなくてもどうにかなると思いますが、あるにこしたことはないです。

病院見学のときにスーツの上に白衣をはおるスタイルで病院見学をする大学もあるようなので、持っていない人は買っておいてよいと思います。

ちなみに、地方の病院見学では、ケーシーに着替えるところが多いです。スーツで来なくて良かったのにと言われる病院がおおいです。

しかしそうはいっても、スーツで行って間違いはないです。したがって、個人的には1回目の訪問はスーツで行くことをおすすめします。

「次から私服で良いよ」と言われたら私服で行けばいいと思います。

スクラブはお金がない人はいそいで買わなくても大丈夫です。

そして、医局によってはスクラブを嫌う教授もいると思うので事前に先輩に聞いておくと良いと思います。

僕の大学では2~3箇所の医局の教授のみで、ほとんどの医局では、スクラブ許されています。

スクラブ、いいとこと無いじゃんと思う人もいると思います。それでもスクラブを着る人がいるのは、「らく、かっこいい」というのが主な理由です。

着方として上スクラブ、下ケーシーというひとも多いです。上だけ買ってもいいと思います。

ちなみに僕は、「ケーシー上下2セット+白い靴」を生協で買い、もともと持っていた白衣を使っています。

通販で買うと安くなるものもある

生協で買ったほうが安いものと、通販で買ったほうが安いものがあります。

ケーシーは裾上げなどもある、確実に必要なもの、なので上下2セットを生協で買っておくことをおすすめします。

白い医療者用の靴も2000~3000円くらいだったら生協で買っちゃっていいと思います。2000~3000円の白い靴を探すことは意外と大変です。

クロックスなどのサンダルはやめておいたほうが良いと思います。学生が履いていると少しなまいきな感じが出てしまいます。

白衣はネットで安く手に入ります。生協の値段が5000円くらいなので、ネットで気に入ったものを探して買ってもいいと思います。安いものだと2000円くらいで売っています。

ただ、注意しておくこととして、質はもちろん値段相応です。

スクラブはネットでmizunoなどかっこいいメーカーのものも意外と安いです。もしスクラブがほしいひとはネットで気に入ったものを買うのがいいと個人的に思います。

ポリクリで持ちあるくと便利なもの

最後にポリクリ初日から合ったほうがいいものを紹介しておきます。

必ず持っておいたほうがよいものとして、「メモ帳」「ペン」があります。胸ポケットに入るくらいの大きさのメモ帳は、先生の話をメモするのに必要です。

必ず必要というわけではありませんが、iPadなどのタブレットがあるとスキマ時間に「病みえ」「イヤーノート」などで勉強できて便利です。

医局によっては、ポリクリ斑に対して講義をしていただけます。そういうときには、小さいノートよりiPadのほうが勉強もはかどります。

まとめ

実習初日は、集合場所について、服装についてとか不安だと思います。

先輩から情報を集めておくとよいと思います。

ポリクリは医局によっては、ほんとに放置されて何もすることがないという状況もあります。iPadや参考書などスキマ時間をうまく使えるものは必須です。

充実した実習にするために、先生にガンガン質問する能力も必要になってきます。

慣れるまで少し大変ですが、座学では経験できないことを学べます。

自分なりに工夫して、よりよい実習にしていきましょう!